メガリスの作用機序と服用方法

勃起不全症候群の治療薬

勃起不全症候群の治療薬 | 服用と食事のタイミング

メガリスは、インドの製薬会社マクレオズファーマスーティカルで製造されている勃起不全症候群な治療薬シリアスのジェネリック医薬品であり、シリアスと同様に塩酸バルデナフィルを主成分としています。
男性は、性的刺激に対して脳より神経を介して一酸化窒素が放出され、血管の平滑筋を弛緩させる環状グアノシン一リン酸cGMPが増加する事によりペニスの海綿体に血液が流れ込み勃起し、射精や精神的な素因などにより性的興奮の低下や消失すると環状グアノシン一リン酸の働きを抑制するホスホジエステラーゼ5番PDE5と呼ばれる酵素が分泌される事で陰茎の勃起状態が収まってしまいます。
勃起不全症候群患者は、血管の平滑筋を弛緩させる環状グアノシン一リン酸が加齢や精神的な素因により放出される絶対量が不足している為に、通常通り分泌されているホスホジエステラーゼ5番の働きにより、環状グアノシン一リン酸の働きが大きく阻害され勃起し難くなっています。
その為、ホスホジエステラーゼ5番の働きを阻害するメガリスは、PDE5阻害薬と呼ばれています。
メガリスは、個人差がある為服用後30分?4時間程度で医薬効果が現れ、性的刺激のみに勃起効果を示すとされています。
又、服用後、30時間〜36時間の長時間にわたり医薬効果が持続するとされています。

メガリス | 個人輸入情報局